うさぎのお腹がゴロゴロ鳴る際の注意点

季節の変わり目でうさぎが調子悪くてうっ滞になったので、そのときの症状、様子・対応方法は以下となります。

 

症状

先日、いつものようにうさぎの朝食をあげようと準備して、
うさぎに与えたところ、いつも、嬉しそうに走り回って喜んで食べるのですが、
今回は、匂いを嗅いだだけでたべようとしない。
「あれ、おかしいな」と思い、食べたい気分ではないのかなと考え、
うさぎが大好物なオーツヘイをだしてみたのですが、
これも全く食べず、じゃあ、ずっと好きでいるペレットをあげてみたけど、ペレットにも興味を持たず。
ただ、じっとしているのではなく、動き回っているので、うっ滞ではないのかなと思い、お腹を触ってみたら、
固くて、これはやばいと、どうしようかと必死に考えた。
ゴロンの仕方もお腹がきになるのか、変なたいせいのごろんの仕方をして、
イライラしているのか、すぐ起き上がってほりほりし、また、ごろんして、また起き上がってほりほりするの繰り返しをしてた。

 

対処方法

どうしてもいかなくてはいけない用事があり動物病院にはいけず、その際にとった対応は以下となります。

  1. お腹をマッサージする
    お腹を触らせてくれるのでしたら、まずは、お腹をマッサージしてあげるといいです。
    ただ、マッサージする際にきつくほぐすのではなく、やさしくマッサージしてあげて中につまっているものをほぐすイメージでマッサージをしてあげるといいかもしれません。
  2. 背中をマッサージする
    なぜ、うさぎの背中をマッサージするのと思うかもしれませんが、うさぎのツボは、背中に集中しているらしくそこをマッサージして、つぼをしげきしてあげるといいみたい
  3. お腹を温めてあげる
    これも、お腹を触らせてくれるようだったら、手でもホカロンでもいいので、あっためてあげて、うさぎの胃腸を活性化させるといいです。

 

 

今回はこれらを1〜2時間ぐらいやっていたら、うさぎのお腹がキュルキュルと鳴り出して、最初は、大丈夫かと心配になりましたが、
しばらくすると排便をするようになって、もう大丈夫かなとでかけて、夜帰ってきたら、朝たべなかったものがきれいなくなっていて、完璧に復調しました。

 

一番いいのは、やっぱり病院行くのがいいので、飼っているうさぎが少しでもおかしいと思いましたら、すぐに、お近くの動物病院に連れてって上げてください。