うさぎの寿命

うさぎの寿命は

うさぎを飼っているとよくうさぎの寿命は?、うさぎは、どのくらい生きるの?って
よく聞かれます。

野生で生きている野うさぎは、平均1〜2歳だそうです。
野うさぎは、寿命で死ぬというよりは、やはり捕食動物なので、外敵に襲われてしんでしまうことが多いそうです。

人間に飼われているペットうさぎは、6〜8歳だそうです。15歳まで長生きしたうさぎを知ってます。
近年、うさぎを買う人が増えて、それに伴って、うさぎのペットも充実していき、健康に気を使う人も多くなり、
また、動物病院も、うさぎにくわしいところが多くなったためと言われています。

うさぎの種類によって寿命は違うのか

うさぎには、ネザーランドドワーフやホーランドロップイヤーやミニレッキスなど
ARBA(American Rabbit Breeders Association)公認品種が49種類ぐらいありますが、
先祖は、アナウサギでルーツは同じなので、種類によっては、寿命がわかることはありません。

うさぎの年齢を人間の年齢で表すと

  • 生後3ヶ月(のうさぎ)→(人間の年齢で言うと)5〜7歳
  • 生後6ヶ月→9〜14歳
  • 1歳→17~20歳
  • 2歳→27~29歳
  • 3歳→34~36歳
  • 4歳→40~44歳
  • 5歳→46~52歳
  • 6歳→52~60歳
  • 7歳→58~68歳
  • 8歳→64~76歳
  • 9歳→71~84歳
  • 10歳→76~90歳

うさぎの寿命をのばすには

うさぎの寿命をのばすには、当たり前だけど、
うさぎを飼っている環境をよくすること、うさぎのたべるものをしっかり管理すること、
すこしでもへんなところがあったら、すぐに病院にいくことです。

あとは、飼い主のいっぱいの愛情をあげれば、うさぎは長生きするはずです!